MENU
良いAGAクリニックの選び方がわからない方は、TOPページを参考にしてください。
またあとでじっくり比較・検討したい人は「ブックマーク」お願いします。

プロペシア

プロペシアは2005年10月に厚生労働省の認可が下りて、MSD株式会社から販売が開始しました。

 

このときTVCMでやっていた「AGAは病院へ」との呼びかけで、多くの人が「薄毛が病院で治療できること」と「AGA」という言葉を知りました。

メリット

AGA(男性型脱毛症)による抜け毛を抑制
特に頭頂部のAGAに効果がある
※AGAの抜け毛の抑制により髪が増えるが、育毛自体の成分は入っていない。

デメリット

前頭部のAGAは苦手
2%以下だが副作用がある
肝機能障害(投薬後に血液検査を受けるのが好ましい)
・勃起機能不全※
・射精障害※
などなどその他にもあるので気になる方は医者に尋ねてみてください。
※投薬を止めたあとでも持続したと報告がある。

注意点

・献血はできません。(1ヶ月以上中止が必要)
・健康診断での申告が必要。
・肝臓の弱っている人はダメ(投薬前に血液検査を受けるのが好ましい)。
・女性に触らせてはいけない。
AGAではない人は効果がない
・他の育毛治療にも言えることだが、止めてしまうといずれ元にもどってしまう

料金

自由診療の為各クリニックの値段が違う。
大阪では、1ヶ月分6000円〜100000円位

ジェネリックについて

値段が安く、基本的には純正品と効果や安全性は同じです。
現在日本で認可されているジェネリック薬は、

 

フィナステリド錠「ファイザー
フィナステリド錠「サワイ
フィナステリド錠「トーワ

 

の3種類です。
それ以外のジェネリック薬は海外からの輸入品ですので注意してください。
特に個人輸入での購入は、粗悪なコピー品が紛れている場合もあります。
コピー品は品質が悪い成分を使用したり、有効成分量が少なかったり等、効果が得られないなどの報告があります。

 

料金の傾向としては、

 

フィナステリド錠「トーワ」 < フィナステリド錠「サワイ」 < フィナステリド錠「ファイザー」

 

です。

 

ただ扱っているクリニックは、逆で

 

フィナステリド錠「ファイザー」 > フィナステリド錠「サワイ」 > フィナステリド錠「トーワ」

 

の順になります。