発毛・育毛に優れた成分【ミノキシジル】

ミノキシジルは高血圧の飲み薬(ロニテン)として開発されましたが、後に発毛・育毛の効果があることがわかり転用して使われるようになりました。

外用薬

一般的には外用薬として使われていて、日本では一般用医薬品(普通の育毛剤は医薬部外品)として1999年から大正製薬から「リアップ」という商品名で薬局やドラッグストアなどで販売されています。

 

日本以外では「ロゲイン(Rogaine)」という商品名で販売されています。

 

臨床実験をして国から認可された医学的根拠のある育毛・発毛剤です。

 

またAGAの治療ができるクリニックなどでは「オリジナル外用薬」としてミノキシジル成分の入った育毛剤を処方してくれるところもあります。

 

「リアップ」のミノキシジル濃度は5%までありますが、「オリジナル外用薬」は濃度5%以上を扱っているクリニックもあります。

 

最高で15%ほどの濃度まであるようですが、効果は高いですがその分副作用の可能性が高まります。

 

効果

日本皮膚科学会ガイドライン

 

日本皮膚科学会ガイドライン2017年版」推奨度Aをもらっています。

 

血管拡張効果により毛乳頭細胞や毛母細胞の活性化の結果、発毛・育毛につながります。

 

またミノキシジルは毛乳頭細胞に働きかけてアデノシンを分泌させ、細胞増殖因子の産生を促すことで育毛効果があります。※プレジデントオンラインより

 

「ミノキシジル」にはAGA(男性型脱毛症)の原因物質DHT(ジヒドロテストステロン)を作らせない効果はありません。

 

「フィナステリド(プロペシアの主成分)」と「ミノキシジル」はメカニズム(薬理作用)が全く違うので併用が可能です。

副作用

一番多いのが頭皮の痒みです。

 

「ミノキシジル」の濃度が濃いほどでやすい傾向にあります。

 

他には

 

頭皮の発疹・発赤・ニキビ、かぶれ、ふけ、使用部位の熱感等

 

頭痛、気が遠くなる、めまい

 

胸の痛み、心拍が速くなる

 

原因のわからない急激な体重増加、手足のむくみ

 

など症状の報告があります。

 

外用薬でも薬剤が少量ですが体内に吸収するので体に変調をきたす場合があるようです。

内服薬(ミノタブ)

日本国内では認可を受けていない治療法になります。

 

もともと高血圧の薬で血圧を下げる働きがあるので、日ごろから血圧が低い人は注意が必要です。

 

また薬は肝臓で代謝されるのでもともと肝臓が弱っている人には負担になります。

 

AGA専門クリニックやAGAに力を入れている一部のクリニックで処方してもらうことができます。

 

そのほかでは個人輸入で通販で買うこともできます。

 

「ミノキシジルタブレット」は、効果がでやすいがトラブルも多いので通販での購入はお勧めしません。

効果

日本皮膚科学会ガイドライン

 

日本皮膚科学会ガイドライン2017年版」推奨度Dをもらっています。

 

「ミノキシジルタブレット」が推奨度Dの理由は,利益と危険性が十分に検証されていないためだそうです。

 

育毛剤よりも血管拡張効果により毛乳頭細胞や毛母細胞の活性化の結果、発毛・育毛につながります。

副作用

一番多い副作用が「多毛症」です。

 

頭髪にはうれしい作用ですが、体中に作用してしまいます。

 

他には

 

胸痛,心拍数増加,不整脈,動悸,息切れ,呼吸困難,うっ血・性心不全,むくみ・体重増加

 

などの症状の報告があります。

 

体に異変を感じたらすぐに医師に相談しましょう

育毛メソセラピー

育毛メソセラピーとは、成分を直接頭皮に注射などで注入することで育毛をします。

 

育毛剤よりも皮下の吸収が良いため効果的かつ早く結果がでやすいです。

 

「成長因子」がメインですが、「ミノキシジル」成分も配合しているクリニックもあります。

 

似ている治療法に「HARG療法」がありますが、こちらは「ミノキシジル」は配合されていません。

AGAスキンクリニックのメソセラピー成分

ミノキシジル

毛細血管を拡張させ、毛乳頭に栄養分を多く届ける。

発毛成長因子複合体

(IGF-1・bFGF・VEGF)

 

■IGF-1(インスリン様成長因子)
毛髪を強化し、毛包を刺激して健康な髪を育てる。

 

■bfGF(線維芽細胞増殖因子)
頭皮の血流を促進し毛包を活性化させる。

 

■VEGF(血管内皮増殖因子)
毛包に栄養を与える新生血管の形成を促す。

コエンザイムQ10

体内で自然に生成されるタンパク質。

 

細胞の再生に必要なエネルギーの生産を促す。また、頭皮も含め血行を良くして丈夫な毛髪の再生を促す。

ヒアルロン酸

潤滑作用・水分補給作用によって発毛を促す。

銅ペプチド

AGAの原因のひとつである還元酵素「5αリダクターゼ」の働きを阻害し、抗脱毛作用を促す。

総合ビタミン

様々なビタミンで発毛を促す。

 

 

おすすめクリニック

 
脇坂クリニック(ヘアメディカル)

JR大阪駅徒歩7分にある全国に5店舗あるヘアメディカルグループのクリニックです。

薄毛専門クリニックの先駆けで19年間で190万人の治療実績があります。

長年の臨床データにより600種以上のオリジナル薬で人それぞれにあった薬を処方してくれます。

食事・生活習慣の改善を行い、総合的な治療をしてくれる他のクリニックとは違った特徴があります。

ジェネリックが6,000円(税別)

 
 
AGAスキンクリニック

梅田駅・なんば駅・天王寺駅の側にある、全国展開しているAGA治療のみに特化したクリニックです。

治療薬が体に与える影響がないか血液検査2回を義務づけているので、副作用を心配している人でも安心して治療できます。

ジェネリックが初回3400円・次回以降は6000円(税別)。

初診料5000円・再診料無料

カウンセリングは無料なので初心者の方にお勧めです。

24時間LINEで予約・通院しなくても診察を受けることができる遠隔診療・来院時他の客に会わないように配慮してくれるなど、患者のためになるサービスを提供しています。

 
 
表参道スキンクリニック

大阪駅・梅田駅からすぐ側にある、全国5店舗ある美容クリニックです。

美人医師「友利新」が同系列のクリニックで在籍しています。

ジェネリックが初回3,980円(税別)、次回6,000円(税別)です。

【ヘアジニアス・プログラム】という独自の治療法は、AGAの進行を止めるだけではなく発毛を目的とした治療です。